インターネット・オークション モニタリング

(一財)日本産業協会 HOME


インターネット通販等
モニタリングTOP
新着トピックス

インターネット・オークション
関連情報


インターネット通販
関連情報
消費者のための
表示の見方

インターネット・
オークション編


利用登録の前に
確認しておきたい
4つのこと


入札前に
確認しておきたい
5つのこと


7つの商品
ここをチェック!



インターネット通販編

注文する前に
確認しておきたいこと

注意の必要な
販売方法・商品!



テレビ通販編

注文する前に
確認しておきたいこと

取引条件の画面表示に
ついて


モニタリング調査概要
インターネット通販等と
特定商取引法
テレビ通販とはテレビを媒体として消費者が商品等を購入する通信販売の一形態であり、長い歴史があります。近年、テレビショッピング専門チャンネル等の普及により、消費者がテレビ通販を利用する機会が増えています。
消費者がテレビ通販を利用する際に知りたいこと、あるいは知っておくべきことは何でしょう?
このコーナーでは利用する際に確認しておきたいポイントについてわかりやすく解説していきます。

 注文する前に確認しておきたいこと


 テレビ通販の特徴
 さまざまな商品が販売されています
  • 店頭でも買える商品はもちろん、店頭に並んでいない商品、思いがけないアイディア商品、限定商品、セットになっている商品等、いろいろな商品をテレビで見ることができます。
    例えば、家電・家具などの大型製品、衣服・アクセサリーなどの身の回り品、野菜・海産物などの生鮮食品、健康食品・サプリメント・化粧品などの健康や美容に関するもの、CD・DVDなど趣味のもの等、多種多様な商品が売られています。
  • 同じ商品でも、店頭で売られているものより安価な場合もあります。
 いつでもどこでも購入できます
  • 電話一本で、家にいながらにして注文できるのでとても便利です。
  • 最近は24時間視聴できるテレビショッピング専門チャンネルや、夜中に放映している通信販売番組も多く、時間を問わず買い物ができます。
  • 商品を持って帰る手間がないので、自分では持ち運びが困難な重いものも購入することができます。また、食品などは鮮度を保ったまま手に入れることができます。
  • 旬の食材や、地方の限定品・特産品を購入することができます。
 商品内容がよくわかります
  • 商品の特徴の説明に大半の時間をさいているため、説明をじっくり視聴し、吟味することができます。
  • 商品の使い方を実演したり体験談を紹介したりすることによって、わかりやすい内容になっています。
 テレビ番組は留まることなく常に流れていきます
  • 商品の紹介や取引条件などの全ての情報はメモや録画などに残さない限り、手元には残らずに消えてしまいます。
  • テレビ通販は、画像と音声の両方で構成されている広告です。取引条件など重要な情報であっても画面表示のみで、音声ガイダンスが無い場合があります。
  • 放映時間が短い場合、取引条件等の表示時間が短く、内容を十分に確認できないことがあります。
 誇大な音声や表現がみられることがあります
  • 健康食品やダイエット用食品には、「毎日飲むだけで××s痩せた」等の体験談を多用し、商品の効果・効能を誇張して、大げさにアピールしているものも見られます。
  • 素晴らしい商品のように広告しながら、画面の片隅に、「個人の感想である」などの断り書きがある場合があります。
 購入を煽る演出もみられます
  • 番組の途中で「残りわずかとなっております」「あと限定××個です」など、消費者を焦らせて購入を煽る表現が多く見られます。
  • 必ずしも必要でない付属品(おまけ・プレゼント)が付いている場合、一見お得に思えてもその商品本体の価格が本当に安いかどうかまぎらわしいことや、わかりにくいことがあります。
 取引条件が番組の最後のみに表示されることもあります
  • テレビ通販の場合、支払方法や返品特約などの細かい取引条件は、最後にまとめて短時間で表示されることが多いので番組を最後まで視聴し、確認しましょう。

→ 詳しくは消費者庁のホームページへ

 取引条件を確認しましょう
  • テレビ通販では、商品紹介にそのほとんどの時間が使われています。そのため、購入する際に知っておくべき、返品特約 ・ 送料やその他の料金負担 ・ 商品到着日等の「取引条件」について、わずか数秒間しか表示されないことや、番組の最後に複数の「取引条件」がまとめて表示されることが多いので、内容を確認できない場合があります。注文する前に、どのような「取引条件」の項目を確認すると良いのかを解説していきます。
 返品はできますか?
  • 実際に手にとって商品を確認することができないため、想定したものと違った商品が届くことがあります。届いてみたらサイズやイメージが違う、使い勝手が良くないといった理由(自己都合)での返品ができるかどうか確認しましょう。
  • 例えば「商品到着後8日以内に 未使用・未開封に限り返品可」というように、商品の多くに返品条件の設定があります。さらにその条件設定は、販売会社によって、また商品の特性によって、それぞれ違いがあります。
    購入しようとしている商品の返品条件、また、返品の送料負担はどう なっているのか、必ず確認しましょう。
  • 「返品の可否 ・ 返品の条件 ・ 返品に係る送料負担」については、放送中、常時表示されずに、商品説明の最後にまとめて数秒で表示されるこ とが多いので注意が必要です
 全部でいくらかかりますか?
  • テレビ通販では短い放送時間で、単品だけではなく、セット販売や、付属品付き商品、キャンペーン中でプレゼントがあるなど、同じ商品を複数の販売パターンで紹介している場合があります。購入したい商品内容をよく確認しましょう。
  • 商品購入の際、商品代金以外に料金を支払わなければならない場合があります。例えば代金引換手数料はいくらかかるのか、送料についても有料なら金額の確認が必要です、注文する前に支払い総額を把握することが大切です。
 商品到着日はいつですか?
  • テレビ通販では、引渡時期を表示していない場合が多く、商品に よって配送までの時間は様々です。注文が殺到した場合、発送が遅くなることも考えられますので、商品発送日・到着日も重要な確認項目です。
 納得してから注文するようにしましょう
  • 詳細な「取引条件」を見過ごしたり、理解できないことがある場合は、コールセンターの電話オペレーターに質問して納得してから注文し ましょう。
  • その他の注意点についてはインターネット通販編をご参照ください。

→ 詳しくは消費者庁のホームページへ

 注意の必要な広告表現と販売方法!
 時間(期間)限定や個数限定の「特別価格」には注意しましょう
  • 以下のような広告表現に注意しましょう
    「放送終了後、30分以内にご注文の方に限り、3,000円相当のプレゼントをプラスした特別セットでお届け致します。」
    「今、お申込み頂くと、同じ商品をプラス10個お付け致します。30分以内のビックチャンス!お急ぎください。」 
    「本来24,000円でのご提供ですが、本日に限り19,900円でお求め頂けます。」
    その他、画面に商品の限定数や残数を表示して、「今すぐ申込みをしなければ、売り切れてしまう!」と思わせるような広告表現も見受けられます。 
  • 今回限りのお得な情報だと思っても即決せずに、インターネットなどで同一商品について、情報や口コミがないか検索して調べてみるなど、冷静に判断することが大切です。
 「プレゼント付きやセット販売」の商品には気をつけましょう
  • 「なんと今回お申込みの方に限り、もう一つ同じ商品をお付けして、お値段そのまま5,000円でご提供致します!」
    このような広告表現の場合、もう一つ同じ商品が無料で付いてくるような印象を与えます。しかし、実際にインターネットで調べてみると、同一商品を半額の2,500円程度で販売している場合もあります。
  • メインの商品の他に関連性のある商品をセットにする販売方法も多く、お買い得感を演出していますが、不要な品が付いてくる場合もあります。十分に検討しましょう。
 「全額返金保証」付きの商品は、必ず条件を確認しましょう
  • 「商品到着から30日間の返品・返金保証付き。ご使用後でもお受け致します。」      
    「全額返金保証」付きの商品の場合、返品前に事前連絡が必要、外箱や外袋も一緒に返送するなど、返品・返金の際の細かい条件が設けられていることがあります。返品・返金の際の条件の詳細を必ず確認しましょう。
 「定期購入コース」は取引条件を確認しましょう
  • 「毎月定期的にお届けするコースを月々5,600円でご用意しました。通常の購入では、およそ1ヵ月分が7,600円ですので、2,000円もお得になります!」
    価格や送料が割安に設定されている「定期購入」という販売方法では、メリットのみをアピールし、詳細な取引条件がわからない場合があります例えば健康食品や化粧品などの定期購入コースでは、途中解約が可能であっても、一定の期間購入を続けることが前提条件になっている場合も多く、解約条件などの取引条件は、必ず確認することが大切です。

→ 詳しくは消費者庁のホームページへ


インターネット通販等モニタリング TOPモニタリング調査概要インターネット通販等と特定商取引法日本産業協会 HOME

© nissankyo(Japan Industrial Association) 2007.