(一財)日本産業協会 HOME


迷惑メール調査
TOP
情報提供受付
迷惑メールの
統計
今月の傾向
過去月の傾向
受信状況
ISP通報数
海外発メール
発信国
迷惑メール
内容別調査
迷惑メール
送信リポート
悪質メールトレンド
消費者力アップ情報
最新トレンド
情報一覧
情報提供の行方
迷惑メールと
特定商取引法
最新悪質メールトレンド情報はこちら
Vol. 9〜17 悪質メールトレンド情報です。お役立てください!
Vol.17 2008年12月1日に、「電子メール広告」
     規制が強化されました
Vol.12 見覚えのないサイトからメールが・・・???
Vol.16 いつの間にかこっそり同意!? Vol.11 1000万円が当たった!?
Vol.15 危険がいっぱい!融資をうたった迷惑メール Vol.10 芸能サイトを覗いていたら・・・
Vol.14 無料のはずが いつの間にか有料に・・・
Vol. 9 サイト内に隠された規約あり!
Vol.13 動画サイトをクリックしたら電話発信画面に!?
Vol.18〜25はこちら
Vol.1〜8 はこちら

2008年12月1日に、「電子メール広告」規制が強化されました Vol.17
オプトアウト規制からオプトイン規制へ

2008年12月1日に施行された「改正特定商取引法」では、いわゆる「迷惑広告メール」の防止を
目的に見直しが図られました
今回の改正は、従来の「オプトアウト規制」から「オプトイン規制」に変わったことがポイントです
※オプトインとは、事業者に対して広告メールの請求または受け取りを承諾することです

あらかじめ消費者の請求や承諾を得ることが義務付けられ、こうした請求や承諾を得ていない電子メール広告の送信は
原則禁止されます
また、承諾等を得た場合でも、広告メールの提供を拒否した者への送信は禁止されており、電子メール広告の提供を
拒否する方法がわかりやすく表示されていなければなりません

詳しくは、経済産業省の「消費生活安心ガイド」をご確認ください



▲ページのTOPへ戻る

いつの間にかこっそり同意!? Vol.16
 こんなサイトにご用心

「懸賞」や「占い」のサイトで、メールアドレスや名前を登録する際、画面内にこっそりと規約のリンクが
貼ってある場合があります

この規約には、「このサイトに登録すると、広告会社からのメールを受信することを承諾するものとします」
といった文言があり、気付かずに登録すると、広告メールを受け取ることに意図せず同意したことになります

その結果、広告サイトから、大量のメールを受け取ることにつながります

大切な個人情報を入力するときには、こうした「こっそり同意」に気を付けてください

2008年12月1日に施行された改正特定商取引法では、このような消費者にわかりにくい承諾の取り方は規制の対象となります
詳しくは、経済産業省のガイドラインをご確認ください

▲ページのTOPへ戻る
危険がいっぱい!融資をうたった迷惑メール Vol.15
 こんなサイトにご用心

低金利、担保不要などの甘い言葉や、多重債務者向けにローンの一本化をすすめる
融資案内の迷惑メールが再び増加しています

こうしたメールに紹介されているサイトは、大手カード会社と酷似しているものや、偽りの貸金業者番号が
記載されたものなど多岐にわたります  詳細はこちら
                                            
電話番号を入力した結果、悪徳貸金業者の顧客名簿に掲載、大切な個人情報を詐取されるケース、
申し込みをすると、貸付金の数%を、保証金の名目で振り込ませ、その後連絡がとれなくなったり、
法外な金利で貸付を行うケースなどの被害が報告されています

こうした迷惑メールを受信しても、安易に個人情報を入力しないようにしましょう

▲ページのTOPへ戻る
無料のはずが いつの間にか有料に・・・ Vol.14
 こんなサイトにご用心

無料の広告サイトに登録を行った結果、意図せず料金が発生してしまうケースがあります

無料という文言に誘われ、広告サイトへ登録を行った後、出会い系サイトから、
「○○さんが料金を支払いましたので、あなたは○○さんのアドレスを無料で受け取れます」
などと記載されたメールが届きます
ここでも無料だからと、URLをクリックすると、自動的に後払いになってしまいます
実は、メール本文をスクロールしていくと最下部に、アドレスを受け取る為には、
ポイント申込みが必要と記載されていますが、非常に分かりづらい説明になっている上、
結局は、アドレスも受け取れません
数分後、請求メールが届き、その後も次々と送られてきます

無料だからと興味本位で見知らぬサイトに登録をしたり、メールのURLを開くことにより、
不正な請求を招くことがあります 
請求があっても、慌ててサイト事業者へ連絡はしないようにしましょう
強引な請求に繋がる恐れがあります 
もし、トラブルに巻き込まれた場合はこちら

また、このようなサイトには、有名サイトを騙り、有料出会い系サイトへの登録を誘引する
ケースもありますので十分ご注意ください

▲ページのTOPへ戻る

動画サイトをクリックしたら電話発信画面に!? Vol.13
 こんな携帯サイトにご用心

電話発信により登録となる、携帯専用のアダルト画像や音声ダウンロードサイトが増えています

トップページの画像などをクリックし、画面に従って進んでいくうちに電話発信画面となり、そのまま電話をかけると
登録となってしまいます


発信先の電話番号には先頭に「186」がつけられていることから、事業者に自分の携帯電話番号が
通知されてしまい、電話やショートメッセージサービス(携帯電話の番号をアドレスとしたもの)によって料金を
請求されるおそれがあります

自ら入力した電話番号ではなく、使用している携帯の電話番号で発信させる仕組みが、新しい手口といえます

携帯は、パソコンに比べ誤操作しやすく、またこのような悪質サイトでは、簡単に事業者に架電される仕組みをとっています 
また、携帯電話の種類によっては、発信の際の確認がないものもあります クリックする際は十分に注意してください
万が一、電話をかけてしまい、不当な料金請求を受けるなどトラブルになった場合は、こちら

▲ページのTOPへ戻る

見覚えのないサイトからメールが・・・??? Vol.12
 オプトインを装ったメールにご用心!!

登録をしていない異性紹介サイトから、あたかも登録をしているかのような内容で送られてくる
メールが増えています

メール内には、受信者アドレスが特定できる、いわゆる、紐付きURLがあり、クリックすると入力した覚えのない
プロフィールやポイントが入ったTOP画面が表示されます

メールやサイト内には、「当番組に登録済みの方に自動配信されております」などの記載があり、既にサイトへの
登録が行われていると想定されています

このようなサイトは、掲示板や無料異性紹介サイト、占いサイトなどを経て、アドレスやプロフィールなどを取得し、
あたかも消費者の請求に基づいて送信(オプトイン)をしているかのように装っています
その為、受信者は、なぜそのメールを受信したのかが分からないといった状況になります

また、中にはメール内のURLをクリックするだけで、後払い料金が発生する悪質なものもあります

登録した覚えのないサイトからの請求は支払わないようにしましょう


▲ページのTOPへ戻る

1000万円が当たった?! Vol.11
 当選メールにご用心
異性紹介サイトから、高額賞金・商品が当たったというメールが増えています

しかし、メールをよく見ると、「手数料として【3万円分のポイント購入】が必要」とあります
また、締め切り間近であることを強調し、返事を急かすのも特徴的です

高額賞金・商品が当選したというメールを送り、実際は高額のポイントを購入させることが目的です

見覚えのない当選メールに返信したり、お金を振り込まないように!
賞金・商品を手にするどころか、言葉巧みに高額な金額を支払わされる結果となってしまいます

▲ページのTOPへ戻る

芸能サイトを覗いていたら・・・ Vol.10
 人気ブログでもご用心
子供が興味を持つ芸能情報など、一見普通のサイトや人気ブログで画像や文字をクリックすると、いつの間にかアダルトサイトに登録されてしまうことがあります
この手のアダルトサイトは、「ENTER」ボタンなどをクリックすると即登録となる、いわゆる「ワンクリック詐欺」や「ツークリック詐欺」の場合があります

いきなり請求画面が表示されたとしても、慌てて事業者へ連絡しないようにしましょう
あなたの連絡先が知られ、強引な支払い請求につながります   トラブルになった場合は、こちら

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)による注意喚起はこちら
また、コンピュータウイルスによりパソコンに定期的に請求画面が表示される場合には、対処マニュアルが公表されているので、参照ください

子供が不意打ち的に有害サイトの被害にあわないよう、フィルタリング機能を利用するのが有効です
パソコン向けには、フィルタリングソフトやプロバイダーが提供するサービスなどさまざまな方法があります
携帯電話については、各携帯会社がフィルタリングサービスを提供しています

※平成19年12月、総務省が携帯電話会社に青少年へのフィルタリングサービス義務化を要請したのを受け、携帯電話/PHS会社が原則加入を発表するなど子供たちを有害サイトから守る取り組みが始まっています


※平成21年4月1日、子どもたちが安全に安心してインターネットを利用できるようにすることを目的として、
「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律(青少年インターネット環境整備法)」が施行されました

動画ダウンロードサービスで、あるボタンを押すと最終確認画面のないまま料金が発生する場合、有料の申込みであることを容易に認識できるよう表示しているとはいえず、特定商取引法第14条(意に反する申込み)に該当する可能性があります

▲ページのTOPへ戻る

サイト内に隠された規約あり! Vol.9
 こんなサイトにご用心


通常の利用では気づかないように、規約を隠した巧妙なつくりのサイトです


規約の存在にさえ気づかぬまま、有料出会い系サイトに登録させられ、大量の迷惑メールを受信することになりま


迷惑メールに紹介されているサイトには、安易に登録しないようにしましょう

広告メール・サイト内で、事業者情報・商品・役務の対価を明示することが特定商取引法第11条において義務付けられています

実際は有料でありながら「全て無料で使える!」等の表現は著しく事実と相違し、消費者に誤認を与えることから、特定商取引法第12条「誇大広告等の禁止」に該当する可能性があります

また「無料メール送信」をクリックすることで有料のサービスに登録させることは、特定商取引法第14条「意に反して契約の申込みをさせようとする行為」に該当する可能性があります


▲ページのTOPへ戻る



迷惑メール調査 TOP情報提供受付迷惑メールの統計迷惑メール送信リポート
悪質メールトレンド&消費者力アップ情報情報提供の行方迷惑メールと特定商取引法日本産業協会 HOME

© nissankyo(Japan Industrial Association) 2007.