TOP > 有資格者情報 > 資格更新案内・更新特典

資格更新案内・更新特典

資格更新のご案内

資格試験合格より4年度目以降は資格登録の更新が必要になります。
資格更新されると、各種特典が継続できます!

また更新された皆様には、更新特典をご用意しております。
更新特典は、消費生活アドバイザーは有料で受講いただいている消費者問題関連の講座を無料で視聴いただけます。



更新に更新要件はございませんが、登録管理料のお支払いが必要です。
(3年度分までは初回登録料に含まれております。)
登録管理料は1年または3年を選択し、お支払いが可能です。
3年をお申し込みをいただいた方は、有効期間中、毎年更新特典を受けられます。

登録管理料(1年) 1,100円(税込)
登録管理料(3年) 3,300円(税込)

※お支払いの都度、別途事務手数料(374円)が発生いたします。


更新対象者の方(2021年度)

更新対象者の方に、有効期限の1~2か月前にメールにてお手続きをご案内いたします。
「adv_help@cbt-s.com」よりメールを送信いたしますが、受信できなかった方は【更新手続きの流れ】に沿ってお手続きをお願いいたします。
有効期限はマイページにログインすると確認できます。

更新対象者 有効期限が 2022年3月31日
手続期間 2022年2月10日~
2022年3月31日 23:59


更新手続きの流れ

1.マイページにログイン


2.登録管理料(資格更新)のお申込み


3.基本情報等を確認・修正


4.決済方法の選択


5.申込受付完了



更新をされた皆様へ

2021年度に更新された方への特典は、2種類ご用意いたしました。
更新特典のご案内は4月13日にご登録のメールアドレスへご案内いたします。

① 消費者問題関連講座の無料視聴

消費者問題に関連する講座を無料で視聴できます。(4月13日~6月30日)
ご覧いただく講座は、2020年度消費生活アドバイザー集合講座を収録したものとなりますが、お客様対応に関する基礎的な知識となりますので、知識のブラッシュアップに最適です。(消費生活アドバイザーの方には有料にて受講いただいた講座となります)

視聴講座
「事故を前提としたリスクコミュニケーション」
(講座概要)製品事故は起きてはならないが、起きて欲しくないと願っているだけで、意識や備えのない状態で問題が発生すると社会対応を間違える。その結果、会社は信用と名声を失い、救済措置が遅れることで被害や不利益を被った消費者が取り残されることになる。企業には自社のリスク管理や危機管理と同時に、消費者へリスクの存在と回避の方法を正しく伝え、リスクコミュニケーションを適切に果たすことが求められる。近年の自然災害への対応を参照として取り上げながら、リスクマネジメントの基礎から学びます。

<講師>偏西風(にしかぜ)事務所 主幹 久新 大四郎 氏
ソニーマーケティング㈱情報システムMK 本部副本部長、ソニーCS オフィサーを歴任。現在、偏西風事務所主幹。企業コンサルタントとして活動中。桐蔭法科大学院客員教授。著書に「あなたの会社の評判を守る法」(講談社現代新書)、「不祥事を防ぐ市場対応ハンドブック」(唯学書房)、「事故前提社会のリスクコミュニケーション」(レクシスネクシス・ジャパン)


以下よりお入りください。

CAP登録番号(ハイフンあり半角9桁)


パスワード入力




② CAP資格試験 公式テキストの割引クーポン

2021年5月に改訂されたCAP資格試験 公式テキストに使える1,000円引きのクーポンを送付します。
新しいテキストで知識のブラッシュアップを!
クーポンは日本産業協会オンラインショップで、テキスト単体をご購入時のみ使用できます。
クーポンの使用期限は2022年6月30日までです。
※オンラインショップ以外でのご購入や、受験セットのご購入には使用できません。

オンラインショップはこちら



▲TOP