CAP Consumer Affairs Professional とは?

こんな方にお勧めします

CAPは、消費者問題から消費者保護法令、消費者行政に加え消費者志向経営まで幅広く学習いただけることから、企業において直接的にお客様相談に携わる方やコールセンターの皆様にとっては必須の資格と言えます。 加えて、消費者志向経営を推し進める観点から経営企画部門や品質管理部門の方々にも是非、チャレンジしていただきたいと考えます。

  • お客様相談室
  • 経営企画部門
  • コールセンター
  • 品質管理担当部門
  • 消費者対応関連部門
  • 商品開発部門   の方々

学習範囲

消費者問題の基礎知識
  • 消費者の権利と役割
  • 消費者問題の歴史

など

企業における
消費者対応
  • 消費者志向の経営
  • 企業の消費者対応

など

持続可能な社会
における消費者
  • 消費者問題の変化
  • 持続可能な社会

など

消費者行政の基礎知識
  • 消費者行政の歩み
  • 現在の消費者行政

など

消費生活に
関する法令
  • 契約の適正化
  • 表示の適正化

など

資格取得のメリットと特典

業務に自信と余裕

消費者目線を理解し消費者関連の幅広い知識を得られることから、日々の業務遂行に自信と余裕が生まれます。

お客様の信頼度が向上

名刺にCAP資格ホルダーであると明記することで、お客様からの信頼度がアップします。

講座の受講

消費者保護に関する法令など業務に関連する様々なテーマの学習ができます。

メールマガジンによる情報入手

消費者関連の法律の改正や直近の不祥事の解説など、CAPとして必要な最新の情報がいち早く得られます。

CAP資格登録者ネットワークの構築

研修会、交流会に参加し、業種を超えた情報共有ができ日常業務に役立つ人脈を築けます。

CAPリーフレットはこちら